悪化すると怖い眼精疲労!頭痛と同時に吐き気まで?その関係と対処をご紹介します

あなたは、日常的に目の疲れにお悩みではないでしょうか。実は今、眼精疲労に悩まされる方が急増中なんです。仕事でパソコンを使う機会や、日常的にスマートフォンを使うなどといった電子機器の操作時間が昔よりも長くなっていることが原因の一つとして考えられます。ドラッグストアに売っているような温かいアイマスクなどで対処している方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?今や眼精疲労はかなりメジャーな言葉になっていますが、その実態は立派な病気です。放置するとあらゆる疾患を招き、二次障害、三次障害と症状が広まっていきます。

今回はそんな悪化すると恐ろしい眼精疲労が引き起こす症状の中でも、特に頭痛や吐き気についてご紹介します。ただの頭痛、吐き気だから大丈夫だと思っている方も、この記事を読んで症状が当てはまっていないかご確認くださいね。

 

1.眼精疲労と頭痛の関係

眼精疲労はその名のとおり目に関する疾患ですが、悪化することによりあらゆる身体的な症状を伴います。中でも眼精疲労と頭痛に同時に苦しむ方が多いとされています。では、まずは何故目の疲れが頭痛を引き起こすのかご説明していきます。

【1-1.現代人に多いVDT作業】

VDTという言葉をご存知でしょうか。テレビやスマホ・パソコンなどといった電子媒体のことを指します。眼科界隈でもこういったVDTの危険性については近年注目されており、特にその画面から出るブルーライトの影響が危険だとされています。ブルーライトは非常に強い威力を持った光で、目に直接入ることで目の細胞にダメージを与えます。その損傷を脳が感知し、頭痛として発症するというのが一つの要因です。

【1-2.姿勢の悪さによる筋肉のコリ】

VDT作業に限らず、姿勢が悪い傾向にある人は眼精疲労と頭痛を発症しやすいとされています。また、それが悪化して吐き気などももよおします。というのは、猫背で首が前にでている人ほど首の負担が大きくうなじ付近の筋肉が伸びたきりになって凝り固まります。この筋肉は頭ともつながっており、頭痛を発症するのです。また姿勢が悪いと常に何かを見るときに対象との距離が近いことにより、目の筋肉も必要以上に凝ることにつながります。これが重なって眼精疲労と頭痛が同時に発症します。

【1-3.コリによる血行不良】

また、前に述べたような形で筋肉が凝り固まっていると、そこの間を通る血流が悪くなります。血流が悪くなるということは、その血液に乗って運ばれるべき酸素が届かないということになります。つまり脳も目も酸欠状態なります。また、酸素だけでなく栄養成分も血液に乗って運ばれるため、必要なエネルギーも届かないということです。目や頭で必要な代謝が出来ず余計に疲労や痛みを促進してしまいます。

 

2.眼精疲労の種類

眼精疲労はあらゆる疾患を二次的に引き起こしますが、それは大きく分けて3種類に分類することができます。そしてどの種類においても、頭痛や吐き気を引き起こしうる眼精疲労です。

【2-1.調節性眼精疲労】

はじめにご紹介するのは、目の筋肉の調節が原因で起こる眼精疲労です。目は一点を見つめ続けると特定の筋肉が使われ、その他の筋肉は動かないのでこわばります。また、近くを見るときには筋肉は収縮し、遠くを見る時には筋肉が緩みます。といったように、目の動きによって使う筋肉が違うのです。一部の筋肉を使い続け、その部分の筋肉が凝り固まってしまうことにより起こるのがこの調節性眼精疲労です。

【2-2.先天性眼精疲労】

先天性眼精疲労は、その人の持つ視力や目の筋肉が弱いことなどにより起こる眼精疲労です。例えば、寄り目の出来ない人は近くを見るときに必要以上に目の筋肉を使ってしまいます。また、左右の視力が不均等の人片方の目がもう片方をフォローしようと働くので筋肉が通常よりも疲れてしまいます。このように、目の元々の特性により眼精疲労が引き起こされやすくなってしまう場合もあるのです。

【2-3.ストレス性眼精疲労】

こちらは精神的なストレスからくる眼精疲労です。このタイプの眼精疲労は割合としては少ないものの、年々患者が増えている傾向にあるそうです。精神的なショック憂鬱さから疲れ目が発生してしまうこともあり、それが悪化して眼精疲労となってしまいます。ちなみに頭痛もストレスから引き起こされる場合がありますので、こういったケースにも眼精疲労と頭痛・吐き気が連動して起こる場合があります。

3.眼精疲労と頭痛を放置すると

眼精疲労が引き起こす頭痛は非常によくある症状ですが、その他にも悪化すると怖い症状がたくさんあります。

【3-1.吐き気】

今回の本題である吐き気です。原因については後程ご説明しますが、ひどくなると日々の生活に支障が出るほどの吐き気へと発展することもあります。頭痛が発症してすぐに吐き気が見られるケースも多く、眼精疲労が悪化した時の代表的な症状の一つです。また、実際に嘔吐はせず、悪心だけがずっと続くといったような症状もあります。

【3-2.めまい】

頭痛や吐き気に続いてめまいも起こります。目がかすんでいる状態や、よく見えていない状態において三半規管が異常をきたしたり、脳が混乱することによってめまいを発症する場合もあります。ただしめまいの場合は急性で他の重大な病気が原因の場合もありますので、ひどい場合はすぐに医療機関への受診をおすすめします。

【3-3.視力の急激な低下】

眼精疲労を放置しておくと、当然ながら目が急激に見えなくなるケースがあります。というのも目が激しく疲労しているということは、目がどんどん老化しているのと同じなのです。通常、目の組織は新鮮な酸素や栄養成分を利用してダメージから回復しますが、眼精疲労の場合はその回復もうまく行きません。そのため、短期間で急激に視力が落ちてしまうということもあるのです。

【3-4.うつ症状】

眼精疲労や頭痛が悪化するうつ症状発症するとも言われています。この理由については諸説ありますが、人の顔が良く見えない、もしくは目の痛みやまぶしさで人を直視できなくなることから対人関係に障害が生まれ、うつになるという説があります。また、症状に対する不安や苛立ちなどもうつ症状を悪化させる原因として考えられます。

 

4.頭痛が吐き気を起こす理由・その他の要因

ではなぜ、頭痛が悪化することで吐き気をもよおすのでしょうか。この理由については研究段階ではありますがご紹介します。また、吐き気が起きるときの眼精疲労・頭痛以外の原因についてご紹介していきます。

【4-1.脳の危険信号】

頭痛が吐き気をもよおす原因についてですが、「頭が痛むときに吐き気の信号を送る部位が刺激されるから」という説があります。つまり、本来吐き気をもよおす必要はないけれども、吐き気を促進する部位が刺激されているがために気持ちが悪くなる、ということです。簡単に言えば脳の勘違いということですね。

【4-2.消化器や内臓の異常】

眼精疲労や頭痛以外の吐き気の原因として考えられるのが、消化器や内臓の異常です。吐き気は本来、体内にあるものを強制的に排出するための機能です。例えば胃や腸が弱って食べ物が消化器官内で残ってしまった場合などに吐き気が起こります。ただし便秘などで吐き気が起こるわけではありませんので、消化器官の具合と問題のある場所にもよるようです。

【4-3.薬による副作用や血液異常】

処方された薬や薬剤の副作用で吐き気が起こることもあります。例えばがんの治療で使うオピオイドという痛み止めは、初めて処方された方の約3割に吐き気が発症すると言われています。その他にも、血中カルシウム濃度が高まるなどにより吐き気が発症する場合もあります。必要以上に血中カルシウム濃度が上がる腎臓の働きが悪くなるなど他の合併症も考えられます。

【4-4.内耳の異常】

人は耳の中にある三半規管という器官によって平衡感覚バランスを保っています。この三半規管に異常が生じると平衡感覚がなくなりぐるぐると回っているようなめまいが発生します。船酔いや車酔いで吐き気がするように、三半規管に異常があると吐き気が起こるのです。具体的な病名としてはメニエール病などが有名です。

【4-5.大脳の異常】

脳には吐き気の感覚をつかさどる部分が存在し、何らかの衝撃や要因によってそこが刺激されると吐き気をもよおします。例えば、脳に腫瘍が出来て直接その部位を圧迫した場合にも吐き気を伴います。また、物理的に強い衝撃精神的ショックどを受けることによっても吐き気が発症するケースがあります。

5.吐き気が起きた時の対処法

それではここから、いざ吐き気が起きてしまった場合の簡単な対処方法についてご紹介していきます。

【5-1.環境を整える】

もし自分である程度動けるような場合は、まず今いる環境を整えましょう。例えば空気がこもっている部屋なら窓を開け新鮮な空気に入れ替えます。また、冷たい水でうがいをするなどの対策もすっきりとするのでおすすめです。誰かが傍にいる場合は背中をさすってもらうだけでも楽になる場合があります。

【5-2.姿勢を楽にする】

横になっている場合は、極力仰向けで寝るとむねを圧迫せずに済みます。座っている場合は、足を肩幅程度に開き姿勢を楽にして座りましょう。吐き気のある時は無理に運動したり筋肉を使うと逆効果になってしまいます。

【5-3.気持ちをリラックスさせる】

吐き気は「気持ちの悪さ」も伴います。悪心ともいうように、非常に悪い気分になるものです。ですが、不思議と気持ちを落ち着かせるだけでも症状が緩和される場合があります。そのため、開放的な景色を想像する、もしくは非常に楽な気持ちの場面を想像するなど、気持ちをコントロールすることも重要です。

【5-4.好きな音楽やアロマなどで落ち着く】

もし体に余裕があれば、好きな音楽を軽く流したりするだけでも気がまぎれます。アロマが好きな方はお気に入りの香りを焚くのもアリです。もちろん、そんな余裕がない時に無理をしてそこまでする必要はありません。一番の目的は気持ちをリラックスさせることです。

 

6.頭痛外来に行く際のポイント

また、吐き気をその場で対処できても根本的な解決が出来ないとその症状が再発する可能性が高いです。眼精疲労から来る症状が悪化していると確信できれば、眼科に行くことをおすすめします。ですが頭痛がある場合様々な原因が考えられるため、原因が自身ではっきりしない場合は頭痛外来に行ってみるのもアリです。最後に頭痛外来へ行くときのポイントをご紹介します。

【6-1.症状をしっかりと記録して伝える】

頭痛には様々な種類があり、それぞれで症状も異なります。そのため、どこが痛むか頻度はどの程度かどのような痛みか痛む時間や場所に共通点があるかなど、極力症状は克明に報告しましょう。症状が出るたびにチェックしておくのも良いでしょう。

【6-2.服用している薬はしっかり申告】

頭痛や吐き気が副作用の場合もあります。医師からもらっている処方薬をはじめ、自身で買っている市販のサプリメントまでしっかりと医師に報告することが重要です。

【6-3.食生活や日常の些細なことも報告】

食生活が偏頭痛を生むこともあります。特にナッツチーズワインなどで偏頭痛持ちになってしまう、というケースもあるほどです。突発的に頭痛が出た場合はその時に何を食べたかというのも記録しておくとより良いです。

 

7.頭痛が吐き気を起こす前に早めの対応を!

眼精疲労・頭痛、そして吐き気は非常に原因が複雑な病気です。そして症状も次々と連鎖して悪化するので非常に厄介です。そのため、完治するにもその根本を絶たなければいけません。

日頃の生活習慣には気を付けた上で、もしそのような症状が出たら早めに医療機関へ相談することをおすすめします。

コメントを残す