眼精疲労を治すには?効き方ごとの対策を分かりやすくご説明します!

あなたは、自分の目の疲れを気にかけたことはありますか?現代でスマホやPCを長時間見ている私たちは、知らず知らずのうちに目にダメージを負っている場合がとても多いのです。目や頭の疲れを感じないで日々快適に過ごせるのは理想ですよね。そんな中でも実際に、眼精疲労に悩まされている方は多いのです。その患者の数は年々増加しているというデータもあるほどです。この記事を読まれている方の中にも、目の疲れや負担を気にしてアイマスクやマッサージなど、目のケアを行っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。目の疲れや頭痛など眼精疲労には様々な慢性的な症状がありますが、それでも忙しくて仕事を休むわけにはいかない…という場合も多いはずです。しかし、ツボ押し、目の運動など効果的な療法を試すことで眼精疲労が少しでも解消するなら、試してみたいと思いませんか?

そこで、今回は眼精疲労の治し方について徹底的に解説いたします。眼精疲労の症状や原因を詳しく知り、この記事に書かれている効果的な運動簡単にできる工夫をすることで症状を緩和することができるのです。眼精疲労は疲れ目とは違い症状が慢性化、かつ重症化している状態のことを指します。そのため治療も一筋縄に行かないことがしばしば。放置し悪化してしまうと、様々な症状を併発して大変なことになってしまいます。そんなことになる前に、一度騙されたと思って以下の方法を試してみてください。きっと将来的にみても、皆さんの目の大切さを考えるいいきっかけになるでしょう。

ここでは、しぶとい眼精疲労の治し方について詳しくお話します。症状に合った方法やメリットもございますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

1.眼精疲労はなぜ起こる?

まずは、眼精疲労はなぜ起きるのかその原因を見ていきましょう。

【1-1.目の酷使による眼精疲労】

最も多いのは目を酷使しすぎているというケースです。私たちは知らず知らずのうちに多くのブルーライトや光に目をさらしており、そのダメージが確実に目に蓄積しています。画面を見ていなくても、長時間細かいものを見続けたり見えにくいものを見ようとしたりすると目は疲労するものです。私たちは日常生活における周囲の情報の約8割目で補っているといわれるほど、目に頼っているのです。休憩を取らずに目を使い続けることは非常に目にとって負担になってしまいます。

【1-2.目の環境による眼精疲労】

目に影響を与える周囲の環境は色々あります。具体的にはまず空気の湿度や汚れ、さらに視力矯正の為の眼鏡やコンタクトなどです。空気に関しては、乾燥していると目が乾くという経験があるかと思います。これは目に良くない状況で、ドライアイを誘発する可能性があります。さらに花粉やウイルスたばこの煙なども同様です。眼鏡やコンタクトは、度が合っていないと余計目を疲労させてしまい、眼精疲労を悪化させる危険性があります。

【1-3.元々の目の見えにくさによる眼精疲労】

目が見えにくいということは、目に一定以上の負担をかけているということになります。例えば乱視・乱視・老眼などといった一般的に思える目の疾患も実は眼精疲労を助長している可能性があります。これらはメガネなどでしっかりと矯正されていれば問題ありません。緑内障や白内障といった矯正できない視力の不良については、目が自然とものを見ようとして筋肉を酷使するので眼精疲労の大きな原因になります。

【1-4.精神的なストレスによる眼精疲労】

精神的なストレスと、眼精疲労の症状は非常に深い関係にあるとされています。ストレスがたまっていると眠りにつきにくくなる傾向にあり、目が休まる時間が少なくなってしまいます。また、ストレスホルモンを解消できる栄養素が不足しているなどと言った要因により、目に必要な栄養素も不足し眼精疲労をストレス症状と併発する場合もあります。

 

2.眼精疲労の諸症状

それでは具体的に眼精疲労の症状にはどのようなものがあるのか、症状の種類にご紹介していきます。

【2-1.目のショボショボ・かすみなどの見え方への症状】

視界や、目の見え方に異常を来す種類の症状です。代表的なもの目のショボショボ感、目のかすみ、もやがかかったような状態といった症状です。この症状が発症すると通常よりもものが見えにくくなるので、余計にピントを合わせる際の筋肉を酷使することになり、さらに目が疲れてしまうという悪循環に陥ります。先程ご紹介したような乱視や老眼なども、これと同じ原理で眼精疲労を助長するので見え方に元々違和感がある方は早急に見え方を矯正することをおすすめします。

【2-2.目のゴロつきや痛みなどの違和感症状】

目がゴロゴロする」という表現がありますが、その場合は目の表面についた異物が洗い流せていない可能性や涙が十分に分泌できていない可能性があります。目の表面は粘膜で非常に弱く、涙の分泌が減ってしまうと傷つきやすくなってしまいます。その状態を放置すると、目の表面の小さな傷が増えていき痛みに繋がります。目の筋肉が痛むこともあり、その場合は目を働かせすぎていることが原因です。

【2-3.ドライアイや涙の過多など涙の症状】

眼精疲労の症状の一つとして涙の分泌の異常というものがあります。涙が出ずに目の表面が乾燥してしまったり、逆に涙がいつも以上に出てしまうといった具合です。涙は主に水分と油分によって作られていますが、目の機能が低下すると涙が十分に生成されなくなることがあります。これは眼精疲労に限らず、目が他の不調を来している場合にも出る特徴ですので、あまりにひどい場合にはすぐに眼科へ行くことをおすすめします。

【2-4.肩こり・頭痛などの目以外の症状】

眼精疲労の特徴は目以外にも症状が出ることです。特に頭痛や肩こり・首のこりを併発する人は非常に多いとされています。これは長時間同じ姿勢で目を酷使していることにより、目と同時に首や肩の筋肉も凝ってしまっている状態です。そうなると血流が悪くなり、頭の血の巡りも低下するので頭痛が頻発します。こういった症状は偏頭痛や単純な肩こりだと勘違いされがちですが、眼精疲労を解消すると自然と治っていくこともよくあります。

3.長期的に効果が出る眼精疲労を治す方法

ここからは本題の、眼精疲労の治し方についてご紹介します。まずは長期的に続けることで根本的な解決が期待できる対処法について一つずつご紹介します。

【3-1.目の周辺環境の見直し】

まずは目を傷めないような環境作りが大切です。例えば目を乾燥させないように加湿器をつけるたばこの煙がまん延しているような場所には極力行かない、などなど。その他にも花粉の飛んでいる時はメガネをするというのも、花粉症対策として一般的ではありますが眼精疲労対策としても望ましいです。1日の大半を職場で過ごす人にとって環境ごと変えるということは少々難しいかもしれませんが、自宅などでは極力意識してみると良いでしょう。

【3-2.目に必要な休憩を取る】

目を休めることはもちろん非常に重要です。眼精疲労を実感したら、まずは目に休息を与える事を意識してみてください。基本的に目の筋肉が疲労したり傷ついたりすることによって起こる眼精疲労には、第一に目を休めて回復する時間を与える事が完治への近道です。長時間デスクワークをする方は特に約1時間ごとに5分間だけでも、近くから目を離して遠くを見る時間を作ると有効です。また、日々の睡眠時間も大切な目の休息時間になるので睡眠をとることも重要です。

【3-3.目に必要な栄養素を食事で補う】

目に必要な栄養がバランスよく摂れていないと、傷ついた組織の回復目に必要な細胞の生成が十分にできず、眼精疲労を慢性化させてしまう恐れがあります。そのため、普段の食生活を整えることは目にとっても非常に良いことなのです。例えば目に良いとされる栄養素の代表的なものはアントシアニン・ビタミンA・ビタミンBなどが挙げられます。これらはブルーベリーなどの濃い色素を持つ植物性食品や、レバーなどの動物性食品の内臓により多く含まれています。これらを食べることで効率よく目への栄養が補えますが、基本的には肉・野菜・炭水化物といった栄養バランスの取れた食事をすれば問題ないと言えます。

【3-4.サプリメントを服用する】

食事に時間や手間をかけられないという人も多いでしょう。そんな時にお手軽でおすすめなのがサプリメントです。今では眼精疲労や疲れ目への効果に重点を置いたサプリメントが多く発売されています。サプリメントの大手会社や、数々の製薬会社から発売されているので、飲みやすさや価格等を加味して自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。ただし、サプリメントの服用は中長期的に続けることが非常に重要なので途中でやめてしまうと効果は半減してしまいます。

【3-5.眼科を受診する】

なんといっても目の異常は眼科を受診するに限ります。目が傷ついている場合や目に痛みがある場合は特に、医師の判断によって処方された点眼薬が最もよく効きます。かえって市販のものは悪化させてしまうケースもあるとか。さらに眼精疲労だと思い込んでいた症状が別の目の疾患だったというケースもなくはありません。眼精疲労だとしてもどんどん悪化してしまう前に医師に相談することは正しい選択と言えます。

【3-6.ストレスを適宜解消する】

精神的なストレスが眼精疲労を悪化させる原因にもなるということを先程ご紹介しました。ストレスが過度に溜まっている状態は、目だけでなく心身共に良いことがありません。ストレスは対処しきれなくなるとうつ病へ発展してしまうこともあります。ストレスと眼精疲労を強く感じている場合には特に、運動や趣味に没頭する時間を作るなどストレス解消になるようなことを探しましょう。

 

4.速攻効果が出る、眼精疲労を治す方法

続いて即効性のある眼精疲労対策についてご紹介していきます。これらは一時的に非常に効果のある対策で、すぐに症状を緩和させたいというときに知っておくと便利です。ですが根本的かつ確実な眼精疲労の対策としては先程ご紹介したような長期的な対策を同時に行うことをおすすめします。

【4-1.目の周辺ツボ押し】

眼精疲労は筋肉のコリにより発症するケースも多いとされています。そのため、単純に考えれば目の凝った筋肉をほぐしてあげることによって症状の緩和が期待できます。目のツボでおすすめなのはまず両目頭、次に両目尻次に両眉毛の中心両眉毛の外側の端などです。それぞれ眼精疲労全般の症状に効果的です。特に目の重さやだるさはこのツボ押しを行った後すぐに軽くなるような感覚が実感できるでしょう。痛くない程度にじっくり指の腹で力をこめていくのがポイントです。

【4-2.眼球運動】

目は一つの方向ばかりを眺めていると疲れてしまうものです。例えばスマホ画面ばかり見ている傾向にある人は、視線を上にあげて眼球を上下・左右にゆっくりと動かしてみるなどといったエクササイズが非常に有効です。目をつむったまま行ってもいいでしょう。まぶたの中で眼球をゆっくり回転させるだけで、目をあけると視界がすっきりしている実感があるかと思います。

【4-2.目を温める・冷やす】

目の筋肉の凝りをほぐすという意味では目を温めるのも効果的です。蒸しタオルや、市販の温感アイマスクなど。お風呂にゆっくり浸かるのが好きな方は首までしっかりと温まることで血行が促進されて目の回復にも効果的です。ですが目を冷やした方が良い場合もあります。それは目が炎症を起こしてしまっている場合です。もし目の痛みや充血がある場合は目を温めると余計に炎症が悪化しますので、冷やすことで炎症を抑えることをおすすめします。

【4-3.コンタクトを外す】

コンタクトをしている状態で目のごろつきやドライアイ・目の痛みなどを感じたら、一番手っ取り早いのはコンタクトを外すことです。コンタクトは直接目に触れるため、目の炎症を悪化させやすいという特徴があります。目の表面に涙が足りていない状態や、乾燥している状態でコンタクトを装着すると余計に症状が悪化する恐れがあるので、できればメガネに取り替えて目の回復を待ちましょう

【4-4.目薬やPCメガネの使用】

ドライアイ傾向の方に特におすすめなのが点眼薬(目薬)です。市販されているものだと、瞳を潤すだけでなく目に必要な栄養素を補える機能がついているものもあり、目のごろつきや不快感を取り除くには非常にお手軽なアイテムです。また、ブルーライトを長時間浴びている自覚のある方はPCメガネを装着するのもいいでしょう。ブルーライトカット機能の性能はメーカーにより異なりますが、画面のまぶしさや作業後の目のショボショボ感などは格段に下がります。

 

5.眼精疲労を治すには早急かつ根本的な対策が重要

眼精疲労を治す方法についてご紹介しました。

眼精疲労は放置すればするほど治しにくく、症状が複雑化していくのでそうなる前に手を打つことが非常に重要です。また、低下した視力を戻すことはなかなかできませんので、今後長い生活を考えても早めに根本的な対策を打つことが非常に重要です。

つい放置してしまいがちな眼精疲労ですが、定期的に目を休めて回復の時間を作ってあげてください。

コメントを残す