頭皮マッサージの効果や資格についてご紹介!失敗しない頭皮マッサージのコツもご紹介していきます!

今じわじわと人気上昇中の頭皮マッサージ頭皮マッサージをリラクゼーションサロンのような専門店だけでなく美容院などでも一度は体験したことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。じっくり適度な圧力頭皮をほぐしてもらうだけでとてもリラックスした気持ちになり、日頃の疲れも癒やされますよね。一度試してみてその気持ちよさから虜になり、自分もヘッドケアのスペシャリストになりたいと決意する方が年々増えています。もちろん頭皮マッサージ自体の需要も増え、頭皮マッサージ業界はかなり大きなマーケットへと成長しています。ヘッドスパなどとも呼ばれて専門サロンも続々と展開していますね。そんな頭皮マッサージについて、施術者が取ることができる資格があるということをご存知でしょうか?

ここではいつもと少し違った視点、頭皮マッサージの効果だけでなく実際に他の人に施術する際の資格などについて詳しくご紹介していきます。実は目的に応じて呼び名が変化したり、日本だけでなく世界で通用するスペシャリストになるための等級に分けられた資格が存在したりと、知れば知るほど様々な魅力を持っているのです。そんな頭皮マッサージの魅力を知ることで、施術者の立場からなど、また違った角度から頭皮マッサージを楽しむことができるのではないでしょうか。

今回はそんな頭皮マッサージに必要な資格や、キャリアなどについてご紹介していきます。施術を受けるだけでなく逆の立場で施術癒やしを提供してみたいとお考えの方、話題の職種でこれから活躍しようとしている方は必見の内容です!ぜひ読んでみてくださいね。

 

1.頭皮マッサージとは?

まず、頭皮マッサージとはどのようなものを指すのかご説明していきます。その他にも頭皮マッサージの種類や、提供しているお店などをご紹介します。

【1-1.頭皮マッサージとは】

頭皮マッサージについてですが、ヘッドスパ・スカルプマッサージ・ヘッドマッサージなどとも呼ばれ、あらゆる呼び名で専門店が増えています。いったいそれぞれの差はなんなのか、ということですが明確な定義は今の所ありません。ただ店舗ごとのサービスに注目していうなら、「頭皮マッサージ」「ヘッドマッサージ」の専門店に関しては頭皮を「もみほぐす」「こりをほぐす」などといったことを目的としている場合が多く、頭だけでなく体のもみほぐしも行っているところが多い傾向にあります。一方で「スカルプマッサージ」に関しては育毛を目的とした専門店が多く、育毛剤などのオプションもよくあります。そして「ヘッドスパ」に関しては「リラクゼーション」を一番の目的として行っている店舗が多く、アロマオイルやバターなどといったオプションが付くことも多いです。

【1-2.ヘッドスパと頭皮マッサージの違い】

結局ヘッドスパマッサージを行うのではないか、と思う方も多いかもしれません。それならヘッドスパと頭皮マッサージの違いは何なのでしょうか。頭皮マッサージは主に頭のツボを刺激して血行を良くするなどといった効果を目的としており、凝りをほぐすのに最も効果があると言われています。一方でヘッドスパは、その効果もさることながら艶やかな髪を育てるため地肌から改善していこうという目的があります。つまりへッドスパの方が、美容の目的が大きいということになります。そのためヘッドスパは美容院などで行われる傾向が多いのです。

【1-3.頭皮マッサージを提供しているお店】

ここからはヘッドスパやスカルプマッサージなども含めて頭皮マッサージと総称します。頭皮マッサージが受けられる店舗はいくつかあります。まずは美容院サービスで頭のケアを行ってくれる店舗も少なくありません。美容院から派生したヘッドマッサージ専門店も最近では増えてきています。次にもみほぐしのお店です。全身もみほぐしのサービスを提供しているお店で、頭皮マッサージのサービスも提供している店舗があります。ですがこの頭皮マッサージはシャンプーをせず、頭皮を温めてからのマッサージにとどまります。

 

2.頭皮マッサージに資格は必要?

そんな頭皮マッサージの人気が高まる中、ヘッドセラピストになりたいという人も年々増えています。そこでここからは、ヘッドセラピストになるための資格や検定についてご説明していきます。

【2-1.頭皮マッサージを仕事として行うのに資格は必要?】

もちろん、個人的に頭皮マッサージをする分にはご自身で調べた方法マッサージすれば問題ありません。ですが、営利目的で行う頭皮マッサージはどうなのでしょうか。実はこの線引きは働く店舗によって異なります。まず美容院頭皮マッサージを行う場合は、美容師・もしくは理容師の資格が必要になります。この理由は次の項で詳しくご説明します。次にもみほぐし店・マッサージ店・リラクゼーションサロンの場合です。端的に言うと、リラクゼーションを目的としている場合は特別な資格を必要としません。リラクゼーションサロンやもみほぐしはこの部類に入るので資格は不要です。一方で、頭皮マッサージという表記は諸症状の改善や頭皮のケアといった治療目的があります。そのため、スカルプケア専門店や頭皮マッサージ専門店資格が必要となります。

【2-2.それぞれの職場で必要な資格は?】

頭皮マッサージを行う職場、もしくはその目的によって必要となる資格が異なります。まずは美容院でヘッドケアを提供する場合。多くのこの場合には美容師・理容師いずれかの資格が必要になります。この理由は美容院の場合ヘッドケアがメインではなくシャンプーやカットなどのオプションとして頭皮マッサージを行うためです。つまりメインのサービスであるカットやシャンプーの技術を持っていることが前提になります。次に頭皮マッサージやスカルプマッサージ専門店ですが、この場合はヘッドセラピストなど資格を求められる場合があります。美容師資格で募集しているお店もあり、まちまちです。ですがヘッドセラピストの資格を持っていることは、確実に頭皮マッサージ業界での就職において有利です。

【2-3.ヘッドセラピスト検定】

頭皮マッサージ仕事として行うあたって、持っておくと無難なのがヘッドセラピストの資格です。頭皮マッサージで独立したい方、起業したい方は特に持っておくべき資格です。ヘッドセラピストとは何なのかというと、ただお客さんを癒すだけでなくツボ押しや骨格矯正といった医学的な側面からも頭皮マッサージを学んだ人が取得できる資格です。医学的に根拠をもって頭皮マッサージを行えるので、ただの癒し目的のリラクゼーションサロンとは異なります。ヘッドセラピストの資格には階級があり、1~3級・S級があります。難易度としては3級が最も簡単で、アロマヘッドセラピーについて学ぶことが出来る資格です。S級最も難易度が高く小顔矯正などといった骨格に関しても詳しく学んだ人のみが取得できる資格です。

【2-4.ヘッドマイスター検定】

ヘッドスパの最高峰とも言われる、ヘッドマイスターという資格もあります。これは世界的な基準ではなく認定資格に過ぎませんが、ドライヘッドスパで重要な21の手技を取得することができる資格です。元々は「悟空のきもち」というマッサージ店の代表が考案した資格で、マッサージ業界では今かなり注目されています。資格自体が新しいこともあり業界全体で資格取得者が少ないのと、ドライマッサージという髪を濡らさないタイプの手法で効果を発揮できる手技を学べるのでこれからマッサージを始めたい方には必見の資格です。

3.日本ヘッドセラピスト認定協会とは

ヘッドセラピストの資格世界で通用するマッサージの基準を盛り込んだ資格です。これを取得するには、日本ヘッドセラピスト協会という機関の認定が必要になります。ここからはそんな日本ヘッドセラピスト協会の概要についてご紹介します。

【3-1.日本ヘッドセラピスト認定協会とは?】

一般社団法人である日本ヘッドセラピスト認定協会は、グローバル基準での頭皮マッサージを広めるために設立された機関です。日本だけでなく、「世界で通用する技術」を前提に資格取得の認定を行っています。そのためここで認定されたヘッドセラピストの資格を持っていれば海外でも活躍できるという事になります。もちろんヘッドセラピストの資格は日本で開業したい方副業として頭皮マッサージを始めたいという方にも非常に人気です。

【3-2.取得できる資格の詳細】

日本ヘッドセラピスト認定協会で取得できる資格はヘッドセラピスト1~3級・S級の4つです。3級アロマオイル頭皮マッサージに特化しており、女性客の集客に役立ちます。2級頭専門店の基礎レベルの技術が習得できる資格です。リラクゼーション効果をウリにしたい方にはおすすめの資格です。1級専門家レベルの頭の整体方法を学べる資格です。頭のこりや疲れの改善といった結果を追求していくことが目的で、リピーターを作りたい方には非常におすすめです。S級小顔頭皮マッサージに特化した資格です。顔の骨や頭の矯正など、マッサージよりも一歩踏み込んだ領域の技術までも取得することができます。

【3-3.講座を受けた後の進路】

このように頭皮マッサージをお仕事にするには様々な資格があります。これらの資格を取らずに働くこともできますが、しっかり取得しておけば自身で頭皮マッサージ専門店を開業したりもできるのです。資格取得者は、独立して頭専門のエステサロンや頭皮マッサージ専門店を開くなどしています。副業で始めた方が人気を博して本業一本になったケースも多くあります。このように、グローバルな資格を取っておくことは肩書きだけでなく技術を上げる上でも重要なのです。

4.開業したいならヘッドマイスターの資格もおすすめ!

先ほど少しご紹介したヘッドマイスターの資格についてここからはご説明します。ヘッドマイスターの資格は認定資格でこそありますが、頭皮マッサージを学びたい方にとってはかなりメリットの多い資格です。

【4-1.オールハンドで場所を選ばない】

ヘッドマイスターになると、手のみであらゆる施術を行うことができます。通常の頭皮マッサージはシャンプー台でシャンプーした後専用の機械を使ったりもしますが、ヘッドマイスターの場合はそれらを一切使わずに凝りほぐしやツボ押しが可能です。そのため専用の機材を用意しなくていいので開業するのもコストがかからず容易です。機材を置くスペースも特別必要なく施術のスペースが狭くてもしっかりとサービス提供できるというのが魅力です。

【4-2.短時間から気軽に施術可能】

ヘッドマイスターの手技では、乾いた頭皮にそのままマッサージを行うというものです。そのため、シャンプーや頭の温めをする時間が省けるので時短にもつながります。短時間で施術を終えられればお店の回転率もアップし、売り上げにも繋がります。さらに、ヘッドマイスター資格で学ぶことが出来る21の手技短期間でしっかりとあらゆる症状に効果を発揮するものばかりで、お客さんの満足度も高いというのが特徴です。悟空のきもちというこの資格の発祥であるマッサージ店が非常に人気なように、即効性がある分リピーターも増えやすいというのがこの資格の魅力です。

【4-3.手荒れや凝りの心配なし】

シャンプーや専用の薬剤を使わないドライマッサージの手法を学ぶヘッドマイスターは、手荒れの心配ありません。水をよく使う美容師などの職場では手荒れが付き物。ですがフリーハンドそのまま施術するのでそういった心配もありません。また、一回の施術時間も短く済むので手が凝り固まって疲労するというのも、他の頭皮マッサージと比較して少ないのが特徴です。ドライマッサージ施術者にも優しいマッサージなのです。

【4-4.講師としても人気】

ヘッドマイスターの資格は、全国でまだ取得している人が少ないのが現状です。それだけこの資格で学べる21の手技というものの奥が深いことが分かります。ですがその分、一回資格を取ってしまうと今度は教える側に回ることも出来ます。自分で施術し続けるのも良いですが、数少ないヘッドマイスターとして講師になることも夢ではないのです。実際に有名なヘッドマイスターの方はTV出演したり、講演会を開いたりもしています。このように、将来の選択肢が非常に広がります。

 

5.まとめ

結論として、どのように頭皮マッサージを行いたいかによって必要な資格は変わるというものでした。単純にリラクゼーションだけを追求していくのなら特別な資格は必要ありません。ですが頭皮マッサージとしてしっかり効果を求めていくには、ヘッドセラピストヘッドマイスターといった資格を取ることをおすすめします。しっかりと基礎を学んだうえで就職・独立すればお客さんも付いてくること間違いなしです。

是非、興味のある方は資格取得に向けて開かれている講座をチェックしてみて下さいね。

コメントを残す