眼精疲労がうつ症状を引き起こす?|知られざるメカニズムと対処法を公開します。

コンテンツ記事

あなたは、目の疲れを感じたことはありますか?目の疲れを感じず日常生活を快適に過ごせたら理想ですよね。しかし目がしょぼしょぼしたり、肩が凝ってしまう、でもどう解決したらいいか分からない…という方も多いはず。実際に目を休めようと思っても、生活でPCやスマートフォンは必要不可欠だから難しい、という場合があるのではないでしょうか。

そうなんです、眼精疲労に悩んでつらいという思い、これは現代の誰しもが持っているものなのです。この記事にたどり着いたあなたもきっとそうですよね?

そこで、全ての場合が眼精疲労とは限りませんが、今回は詳しい眼精疲労のメカニズム解決方法をご紹介いたします。原因や症状を知ることで自分の目をいたわることができ、きっと改善に近づきます。逆に放置してしまうと悪化してしまうこともありえますので、是非注意してください。

ここでは、うつを引き起こす眼精疲労についてご説明いたします。この記事を読めば、眼精疲労をただの疲れだと放置できなくなるはずです。

1. 現代人に増加中の眼精疲労

眼精疲労は今やだれもが感じたことのある症状ともいえます。名前に「疲労」という言葉が入っているので放置されやすい傾向にありますが、実は体にとっては大きなダメージを受けているのです。

【1-1.眼精疲労とは】

眼精疲労は、疲れ目とは違います。目のゴロゴロ感や肩こりといった症状は同様ですが、その症状が継続する期間が異なります。疲れ目の場合は一時的なものですが眼精疲労は継続的に症状が続きます。基本的には目を酷使するような環境下で継続して作業を続けることによって、眼精疲労は引き起こされます。

【1-2.眼精疲労の主な症状】

眼精疲労の初期症状では、目の乾き疲れゴロつきなどが発生します。続いて慢性的に眼精疲労になると、徐々に肩こり頭痛などの症状が出るようになります。重症化すると倦怠感目の痛み瞼が重くて開けているのが辛いなどといった症状が出るようにもなります。

 

2. 眼精疲労の原因

眼精疲労の原因はいくつか考えられます。

【2-1.パソコンやスマホの見過ぎ】

現代において非常に多い傾向にあるのがこの電子機器による眼精疲労です。

こういった電子機器による眼精疲労はテクノストレスとも呼ばれ、現代において深刻な問題となっています。こういった電子機器が目に悪影響をもたらすのは、主に画面から出ているブルーライトという光です。ブルーライトは通常の電球の光などとは異なり、460nm(ナノメートル)という比較的長い波長をもつ光源です。これはほかの光よりもエネルギーが強いことを意味し、目がよりまぶしさを感じる原因になります。さらにはまぶしい光の中で、目がピントを合わせ続けるのには非常に目の筋肉を酷使することにも繋がるのです。

【2-2.度の合っていない眼鏡やコンタクト】

度の合っていない眼鏡コンタクトレンズも眼精疲労の原因になります。視力が低下した、もしくは老眼になったにも関わらず、現在の視力に合っていないものを着用することで目は余計に悪くなります。というのも、目は物を見るときにピントを合わせようと筋肉を働かせます。度の合っていないメガネなどは通常の裸眼からさらにズレた見え方をしますので、ピントを合わせるには裸眼以上に目を酷使しなければならないのです。もし少しでも現在着用している眼鏡やコンタクトが見えづらくなったという場合には、すぐに新しいものへの交換をおススメします。

【2-3.斜視・左右の視力の相違】

通常人の目は両目が同時に見たいものの方向を向くという性質をもっていますが、斜視の人にはその動きが難しいという特徴があります。この斜視は日本人の2~3%の人に該当する珍しくない症状で、これにあたる人も片目への負担が大きくかかってしまうために眼精疲労のリスクが高まります。

また、左右の視力に大きく差がある人についても眼精疲労のリスクは高まります。斜視と同様に、見えやすい方の目で積極的に物を見ようとする傾向にあるため、片目の負担が大きくなるのです。こういった方たちは特に度の合った眼鏡コンタクトで適宜見え方を矯正する必要があります。

3. 眼精疲労でうつ病になる?

あまり一般的には知られていませんが、眼精疲労を放置させてしまうことによってうつ病を引き起こすともいわれているのです。そこまでくると眼精疲労もかなり悪化していると言えますが、これがどういったメカニズムで起こるのかご説明していきます。

【3-1.眼精疲労がうつになるのは本当?】

眼精疲労は悪化するとうつ病を引き起こすとされています。実際に眼精疲労性のうつを発症している人は年々増えているという統計データもある程です。眼精疲労がどのようにしてうつ病を引き起こすのか原因はいくつか考えられるため、後に詳しくご紹介します。

【3-2.人間の交感神経と副交感神経】

人間には交感神経副交感神経というものが存在し、これらが調整されることで体の調子が保たれています。

交感神経は、脳が興奮状態にある時に働き、緊張や汗をかく・口が乾くなどといった作用を促します。一方で副交感神経は、脳がリラックスしているときに作用します。また、傷や病気を治すときにもこの副交感神経が働きます。心拍数を下げ、深い呼吸をできるようにしたりする作用があります。

人間の目は、自然と遠いところを見るときに交感神経が働き、近いところを見ると副交感神経が働くようにできています。これは諸説ありますが大昔には遠くの敵に気を配る必要があったためと言われています。しかし、テレビやパソコンを見るときには近いものを見ているので副交感神経が働くべきシーンですが、強いブルーライトの刺激により脳が興奮し交感神経が優位になってしまいます。このことにより目の作用に矛盾が生じ、こういった状況を長時間続けていることで眼精疲労が悪化していきます。

【3-4.うつ病と関係の深い自立神経のメカニズム】

うつ病の症状は、自律神経失調症というカテゴリに分類されます。自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経の切り替えがうまく行かない状態のことを指します。先程ご説明したように、強いブルーライトを発し続けている画面を近くで見続けることにより、常に交感神経が働いている状態になります。このことにより副交感神経への切り替えが難しくなり、目の筋肉はもちろん、脳を休めることも出来なくなってしまいます。こういった症状が眼精疲労を悪化させ自律神経も乱すのでうつを発症させてしまうのです。

 

4. 眼精疲労性のうつの原因

先程ご説明したのが直接的な眼精疲労が原因のうつ症状についてですが、その他にも眼性疲労がうつ病を発症する原因があります。

【4-1.交感神経が働き続けていることによる疲労】

先程ご説明したように、副交感神経の働きは傷や疲労を癒すことに作用します。ブルーライトが目へ絶えず刺激を与えることにより、交感神経のみが活発に作用することとなり、副交感神経への切り替わりができません。特に夜遅くまでパソコンやスマホなどと眺めていることにより、目が常に日中と勘違いをしてしまうので通常では夜に活発になる副交感神経の活動が出来なくなります。副交感神経は疲れた筋肉や目の損傷を癒す効果もありますが、常に副交感神経が活性化していることにより1日の疲れも癒すことが出来ません。そういった事態が継続的に続くことにより、自律神経のバランスが狂うことにも繋がってうつ症状を引き起こすに至るのです。

【4-2.目をあけていられないことによるコミュニケーション傷害】

眼精疲労を長く放置しておくとその症状が悪化し、目の痛みやまばたきがしにくいといった症状が発生します。このことにより、何かを直視することが難しくなります。そして人と対話するときにも人の表情や顔を読み取ることが困難となり、通常のコミュニケーションが難しくなります。これにより対人関係が円滑にいかなくなり、それが要因となりうつ症状が発生する場合もあります。

【4-3.不眠】

交感神経が常に優位になることで、自律神経が乱れてしまうことを先にご説明しました。自律神経が乱れることは、昼夜の感覚が乱れることにも繋がります。目が光の刺激を受けることにより、脳は昼間であると認識して交感神経を作用させます。つまり、強い光を受けていると目は交感神経を優位に働かせ続けるのです。人は、副交感神経が働くことで睡眠に導入されます。交感神経が優位な環境下では、眠りにつくことが難しいのです。このことにより、夜遅くまでの残業でパソコンを見続けることやベッドに入ってからのスマホゲームなどは、夜であるにも関わらず交感神経を高め、眠りにつきにくくします。睡眠不足はうつ病の発症とも深くかかわっていますので、こういった原因が発端となり眼精疲労がうつ病を発症させるケースもあるのです。

【4-4.不安感による気持ちの落ち込み】

眼精疲労の諸症状は非常に肉体的精神的にストレスをもたらすものです。肩こりや頭痛といった諸症状が慢性的に起きると、気持ちも落ち込みます。これによりうつ症状を促進してしまう場合もあるのです。

5. うつ病のサイン?気をつけるべき眼精疲労症状

眼精疲労の症状は多岐に渡りますが、中でも重症化していくとうつ症状を引き起こす可能性も非常に高まります。

【5-1.瞼が重い】

まず瞼が重いということです。起きてすぐに瞼が重いということはよくありますが、起きて3分以上経過してから瞼が重すぎて開けているのが辛いといった症状が継続する場合は眼精疲労の可能性があります。

【5-2.まばたきが痛い】

ばたきが痛いというような症状も眼精疲労の悪化した症状として挙げられます。この症状は目のピントを合わせる毛様体筋という筋肉が疲弊しているか傷ついている、または目が非常に充血しているなどの可能性があります。

【5-3.夜眠れず日中眠い】

夜に眠れず日中に眠いということは、自律神経の乱れが起きている可能性があります。夜遅くまでブルーライトを目に受けていることなどが原因して、目がまだ昼であると認識しているということも、うつ病につながる一歩手前の症状であると言えます。

【5-4.動いているものを見るのが辛い】

動いているもの、例えば車の雑踏の動きなどを目で追うのが辛いと感じると、眼精疲労が重症化している可能性もあります。これは目のピントを合わせることが困難になっているという眼精疲労の症状です。

 

6. うつ症状を引き起こす前にできる事

うつ症状は、眼精疲労がかなり悪化した状態で引き起こされるケースが多いと言われています。そのため、うつ症状が出てしまってからの対処では、うつだけでなく目への対処も遅くなってしまうことを意味します。そうなる前に、少しでも目を休ませて眼精疲労もろとも予防することが必要です。

【6-1.適宜目を休める】

もちろん、目の休憩は必須です。一日中目を酷使しているお仕事の方は、少しでも画面細かい文字から目を離す時間を作りましょう。近い所を見続けていると眼精疲労は起こりやすいとされています。そのため、近場だけでなく遠くを見る時間を少しでも多く作ることで目の筋肉が動き凝り固まってしまうことを防げます。

【6-2.目薬を使う】

眼精疲労の症状にはドライアイ目のかすみしょぼしょぼなどがあります。もっとひどくなると痛みを伴うこともありますが、それらの症状は薬局などで売っている目薬で緩和することも出来ます。目の表面に潤いを与え、潤滑油のような役割をしてくれるので目の炎症自体が落ち着くのです。症状に心当たりのある方は是非お試しください。

【6-3.眼鏡やコンタクトを使い分ける】

長時間にわたりコンタクトを装着していると、目の表面がダメージを受けて眼精疲労症状を促進してしまう可能性もあります。そのため、午前中は眼鏡で午後はコンタクト、といったように使い分けるのもオススメです。コンタクトをしながらブルーライトカット眼鏡をかけることも良いでしょう。もちろん、眼鏡やコンタクトは度のあっているものを使いましょう。

 

7. うつ症状を感じたら眼も心もしっかりと休めましょう

うつ症状はあらゆる体の不調が引き金となって起こります。

そのため、眼精疲労が原因になることもあれば違う原因がひそんでいる可能性があります。ですがうつは様々な心と体の不調を取り除くことで緩和する症状ですので、少しでもうつ症状を感じたらしっかりと休息することが大切です。

目も同じように、適宜いたわってあげましょう。

関連記事一覧