ずっと悩んでいた首のコリを解消!眼精疲労と首こりの深い関係について詳しく説明します!

コンテンツ記事

あなたは日頃首のこり痛みに悩まされていませんか。毎日快適に過ごすためにも、首のこりなどの痛みは感じずにいたいですよね。しかし痛みの原因があまり分からず、ただの疲れからくるものだろうと、放置してしまっている方も多いのではないでしょうか。ただ、そのまま放置して悪化してしまってからだと大変です。

そこで、今回は眼精疲労と首の痛みについてお話します。一見目と首は関係ないように思えますが、ずっと悩んでいたその首の痛み、原因は眼精疲労からくるものかもしれません。首のこりは本人が気づいていなくても発症しているケースもあるのです。目だけでなく姿勢が悪かったり、環境の要因なども関係してくるので、痛みに心当たりのある方もない方も必見の内容です。

ここでは、眼精疲労と首のこり・痛みについて詳しく解説していきます。自宅で出来るセルフチェック対処法などもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

1.眼精疲労は目だけではない

最初に、眼精疲労の症状原因などについてご紹介していきます。

【1-1.眼精疲労とは】

眼精疲労とは、その名の通り目の疲労から来る疾患を意味します。ですが単なる疲れ目とは異なり、疲れ目が悪化たような症状を発症します。そしてその症状が発症する期間も継続的に長く続くのが特徴です。疲れ目の場合はその場で目薬をさすなどといった対処ですぐに治すことが出来ますが、眼精疲労の場合はそうはいきません。生活環境の見直しから始まり、眼科医の指導の元適切な治療を行うことで完治にいたるケースが多いとされています。ですが、この眼精疲労は大半の方が発症しても重要な事態とはとらえずに放置してしまう傾向にあります。

【1-2.眼精疲労の原因】

眼精疲労が発症するにはあらゆる原因が考えられます。

一つ目は目を使う環境です。パソコンの長時間作業や、それを見つめる姿勢の悪さ、乾燥した部屋なども眼精疲労を促進します。二つ目は目の元々の疾患です。疾患と言っても、乱視や老眼なども含まれます。こういったものがより一層ものを見えづらくし、目に負担をかけることによって眼精疲労が起きる場合もあるのです。三つめは精神的なストレスです。強いストレスを感じると、目がかすんだりぼやけるなどといった症状が出ます。これら三つの要因が重なると、より眼精疲労に発展しやすくなると言われています。

【1-3.眼精疲労の症状】

眼精疲労の症状は、目のかすみといった症状だけではありません。体や精神的な症状など、あらゆる箇所に不調を来たすのが眼精疲労の特徴です。まず目にあらわれる症状はというと、目のかすみ視界がぼやける乾燥充血痛みまぶしさなどが挙げられます。ただの疲れ目の場合は目の痛みなどは現れません。一方体に出る症状は、頭痛肩こり首の痛みめまい吐き気倦怠感うつ症状などといったものがあります。特に頭痛は日本人の約5割が悩まされているという驚異的な割合で、中でもこの眼精疲労から来る頭痛の患者さんも多いようです。

【1-4.眼精疲労のリスク】

眼精疲労は放っておくと非常に危険です。先ほどご紹介した症状の中の「めまい」や「うつ症状」などは、悪化させてしまうと日常生活に支障が出ます。眼精疲労は悪化するほどに視力の低下と共に精神的な負担も大きくなり、よりストレスを感じてしまうという悪循環に陥ります。そうなると中々市販の目薬だけでは治すことが難しくなります。そのため、眼精疲労は「疲れ目の段階で早急に対処することをオススメします。

 

2.日本人の多くが悩む首のこり

日本人は、世界的に見ても首や肩のこりを多く感じている傾向にあります。欧米には「肩こり」に該当する言葉がないそうです。それだけ日本人は頻繁に首まわりの違和感を持っていることになります。ここからはそんな、日本人に多い首のこりや痛みについて解説していきます。

【2-1.首こり・痛みの原因】

そもそも、首のコリや痛みとはどういった原因で起こるのでしょうか。主に三つの原因が挙げられます。

一つ目は眼精疲労とは関係のない疾患が原因の場合です。二つ目は、悪い姿勢を長時間続けるなどした場合の筋肉疲労です。これに該当する方が首のこりを訴える患者さんの中でも最も多いとされています。そして三つめは環境的な要因です。これは寝具が自分に合っていないという場合です。これも実はよくある原因です。ベッドで眠らずにソファーで寝てしまった翌朝に非常に首や肩に違和感があるような経験はないでしょうか。寝具は首の休息や保護に大切なのです。

【2-2.首の周りの筋肉】

首の周りには多くの筋肉が存在しています。これは頭をぐるぐると様々な方向に向けるためにあらゆる筋肉が複雑に発達した結果です。例えばうなじを触ったときにある筋肉は僧帽筋と呼び、前かがみの姿勢でいるとこの筋肉がずっと伸ばされることでこりの原因になると言われています。また、その内側に位置しているのが斜角筋肩甲挙筋と呼ばれる筋肉です。さらに上を向くと首筋に浮き出る左右一本ずつある筋状の筋肉は、胸鎖乳突筋と言います。首のコリや痛みに直接関係する筋肉はこのようなものが主ですが、他にもあらゆる筋肉が存在しています。

【2-3.眼精疲労との関係】

眼精疲労を引き起こす時、多くの人がパソコンやスマホなどの長時間操作を行っています。その時に、必ずといっていいほど頭が下がった姿勢で操作していることが多いのです。この現代人に多い姿勢を「スマホ首」とも呼びますがそれは後程詳しくご説明します。このような姿勢の悪さは、首から頭へかけての血管を圧迫して血流を悪くするほか、目や首の筋肉に長時間負荷をかけることになります。こうした理由で眼精疲労と、首のこりを併発するというケースも珍しくないのです。首は常に6~8kgの頭を支えています。ただでさえ負荷のかかっている首の筋肉に、姿勢が悪いことによりさらに負荷をかけているということになるのです。

3.首のこりや痛みを引き起こす疾患

首のこりや痛みが症状として出る疾患もあります。こうした疾患の可能性が考えられる場合は、直ちに病院で検査を受けるようにしましょう。

【3-1.頚椎症】

頚椎症は、椎間板という首の骨同士の間にあるクッション材がすりへってしまう疾患です。椎間板は軟骨で出来ており、首の7つある骨同士をつないで支えています。椎間板は加齢などによって減ってしまう成分なので、高齢者に起こりやすい病気でもあります。また、椎間板が減ることにより頸椎が変形し、脊髄や神経を圧迫します。これにより神経伝達に障害が起き、手足の痺れなどが起こる疾患です。

【3-2.頸椎椎間板ヘルニア】

頸椎椎間板ヘルニアは、何らかの理由により椎間板が脊髄の方へとズレていき神経を圧迫することで首や肩のこり手足の痛みしびれを引き起こす症状です。症状としては頚椎症と似ています。

【3-3.頸椎捻挫】

別名外傷性頸部症候群とも呼ばれています。これは首の骨同士をつないでいる筋肉や靭帯が切れたり伸びきってしまう疾患です。原因としては外的な強い衝撃など、関節に対して強い負荷が掛かることにより発症します。この疾患の場合レントゲンを撮っても異常はありませんが、長期間にわたり痛みめまい頭痛といった症状が出るケースが多いです。また、同時に手足の痛みやしびれも起こるとされています。

【3-4.黄色靭帯骨化症】

この疾患は、首の骨を支えている靭帯が分厚くなってしまうことにより起こる疾患です。靭帯は分厚く変化すると徐々に骨化していき、脊髄を圧迫します。これにより神経伝達がうまくゆかず、手足の動きに支障が出るなどの症状が現れます。

【3-5.胸郭出口症候群】

首から鎖骨にかけての神経が圧迫されるとにより発症する疾患です。鎖骨の内部には腕やあらゆる器官へつながる太い血管や筋肉が密集しています。ですが生まれつきの体格などにより、首から鎖骨周辺の神経が圧迫されるケースがあります。これにより、腕が上げづらくなったり手が動かしにくくなるなどといった症状が出るのです。

 

4.今話題のスマホ首とは

現在、「スマホ首」という言葉が徐々に一般化してきています。これはスマホを長時間使うようになった現代人特有の首の形を指します。現代において首のコリとスマホ首は深い関係にあります。また、スマホ首が眼精疲労を引き起こし、悪化させるケースもあるので要注意です。

【4-1.スマホ首とは】

スマホ首は、別名ストレートネックとも呼ばれます。スマホを見るとき必然的に頭は下を向き顎ごと頭を前へ出すような姿勢になります。首は通常、頭の重さでかかる負担を少なくするために少々反り返ったような形状をしています。それが、スマホ首の場合は直線で頭が前に突き出るような形状になっているのです。このことにより、首への負担が倍増します。首の負担は、頭が2cm前に出るだけで2倍なると言われています。このスマホ首により、首の筋肉負担血流の悪化が促進されている患者さんが多いのです。

【4-2.スマホ首セルフチェック】

自分がスマホ首かどうかは判断がつきづらいものですが、簡単にセルフチェックすることが出来ます。まず、壁に背中をつけるようにして自然な姿勢で立ちます。この時に、後頭部肩甲骨お尻かかと4点同時に壁に付けば異常なしです。一方、自然に立った時に頭が後ろにすっと付かない場合はスマホ首の危険性大ということになります。

【4-3.スマホ首の重症レベル】

セルフチェックをした際に、スマホ首の重症度も判断することが出来ます。軽度の方であれば普通に立った時の後頭部と壁の隙間はわずかで、意識的に立てば後頭部をすんなり壁につけることが出来ます。中度の方は普通に立っていると10cm以上の隙間があき、頑張って何とか後頭部を壁につけることが出来るレベルです。重度の方は、頑張っても後頭部を後ろにつけることができません。

【4-4.スマホ首のリスク】

スマホ首になると全体的な姿勢も悪くなってきます。背中は徐々に猫背になり、お腹は丸まるので腹筋が落ちお腹がたるむ原因になります。さらに下を向いているので顎の筋肉も落ち、二重顎にもなりやすいのです。そしてこうした姿勢は腰への負担も大きいため、二次災害的に腰痛などを引き起こす場合も少なくありません。さらには下を向いていると気持ちもふさぎこむという嘘のような本当のデータもあります。気持ちが塞ぎ、うつ症状を発症しやすくなるともいわれていますので、スマホ首の方は極力改善した方が良いでしょう。

5.眼精疲労と首こりのおススメ改善策

眼精疲労と首こりの関係についてご紹介してきましたが、自宅でその症状を緩和することも可能です。最後に眼精疲労と首こりにオススメの対策をご紹介します。

【5-1.良い姿勢を意識する】

もちろん、こうした症状の根源である姿勢の悪さを改善することが一番重要です。立っている時も座っている時も、腹筋に力を入れるように背筋を伸ばすと自然と姿勢が良くなります。また、顎をひくことも重要です。スマホ首の場合は顎が突き出ている姿勢ですので、それを引っ込めるだけでも首の負担が大きく減ります。

【5-2.顎まで浸かる全身浴】

温浴で血行を促進することも重要です。血行が悪いとその分、こりも起こりやすくなってしまいます。ただしここで重要なのは、半身浴ではなく全身浴をしましょう。半身浴の場合、肝心の首まわりが冷えてより症状を悪化させてしまう場合があります。目に新鮮な血液が行きわたることで、疲れ目の回復も期待できます。出来るだけしっかりとお湯につかり、目や頭まで血行が行きわたるようにじっくりと全身浴しましょう。

【5-3.首と顔のストレッチ】

首まわりの固まった筋肉をほぐすことにより、こりの改善血行を促します。

  1. 1回5秒ほどかけて首を左右交互に倒す(5セット程行う)
  2. 1回5秒ほどかけて顔を左右に向ける(5セット程行う)
  3. 肩を大きく回す(前後5回ずつ)
  4. 腕をバンザイの状態にしてぶるぶると震わす
  5. 腕を下げて4.同様に震わす

このことにより、普段の生活では中々使わない首周りの筋肉をほぐすことが出来ます。まんべんなく筋肉を動かすことでこりの予防にも繋がりますので、是非実践してみて下さい。

 

6.眼精疲労と首のこりは同時解決がカギ!

以上、ご説明したように眼精疲労首のこりは非常に密接に関わっています。位置的にも2つが近いところにあることや、集中して何かを見るときにこり固まりやすい筋肉であるといった共通の特徴が目と首にはあります。

そのため、極力筋肉をほぐしながら血行を促進して負担を軽減することが重要なのです。ぜひ参考にしてみてください。

 

関連記事一覧