こんな症状で困っていませんか?

目が疲れる、痛む、乾く、かすむ、物がぼやけて見える、視力が落ちたように思える。
肩が凝る、首から肩が痛い、だるい、背中に痛みがある、手指にしびれがある。
イライラする、すごく不安になる、物事に集中できない。

その症状、
VDT症候群かもしれません。

VDT症候群とは?

VDT症候群とはパソコンやスマートホンなどのディスプレイ(VDT:ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)を使った長時間の作業により、目や身体や心に影響のでる病気です。別名“テクノストレス眼症”、 “IT眼症(がんしょう)” とも呼ばれています。 作業による眼の疲れ、眼の渇き、肩や首・腰・背中の疲れ、頭の重みや痛み、よく眠れない、イライラするなどの症状がでます。

主な症状

眼症状

  • 眼の乾き(ドライアイ)
  • 眼の痛み
  • 充血
  • 視力の低下
  • 眼のかすみ
  • ものがぼやけて見える

骨格筋症状

  • 首や肩のこり
  • 首・肩・腕の痛み
  • 足・腰のだるさ
  • 背中の痛み
  • 手指のしびれ

精神・神経症状

  • 頭痛
  • めまい
  • いらいらする
  • 食欲不振
  • 不安感・抑うつ状態
  • 睡眠障害
モニター・スマートホン等を長時間見続ける事によってこれら症状が生じ、私生活に大きな影響が出る場合があります。

それが...

「VDT症候群」

なんです!

関西で唯一ここだけ!

VDT症候群専門施術コース!

モニター・スマートホン等を長時間見続ける事によってこれら症状が生じ、私生活に大きな影響が出る場合があります。

60分5,480円

ご予約はこちら

本町店のご予約はこちら

心斎橋店のご予約はこちら

堺筋本町店のご予約はこちら